冬休みの思い出「市民の森ソリ遠足」

バスに揺られること30分、1年生がやってきたのは市民の森。昨年から来るようになったこの広場は、ソリを楽しむには穴場のスポット。バスに乗ってちょっと遠出が遠足気分でワクワクドキドキ。いつも何かにつけ歩かされるので、たっぷり寝れるのも嬉しい(1年生心の声)。
この日もソリ遊びをしていたのはひのてんメンバーのみで貸切り状態。お弁当を食べたらソリを持って斜面に一目散。
頂上から見下ろすと意外と高さがある斜面を、ソリで滑ってはえっちらおっちら頂上まで登り、何度も往復。雪を巻き上げ高速ソリ滑りをしたり、スノーボードみたいに立ち乗りしたり、小一時間ほど堪能し帰路に着きました。
帰りのバスは心地よい揺れとともに夢の中へ。函館駅に着いたら起こすのに大忙し。あっちを起こして、こっちを起こし、そうこうしている内にまたあっちが寝入ってしまい…まるでもぐら叩き状態。函館駅からひのてんまでの道のりは寝起きなのと疲れで、足かせでもついているような重い足取り。長旅お疲れ様でした。きっとこの日はお家でぐっすり眠れたことでしょう。