冬休みの思い出「緑の島スノーパーク」

いつもなら20分ほどで到着する道のりも、たっぷり積もった雪のおかげで緑の島周辺はラッセル状態。ソリや雪かきスコップを持って移動すると、それだけで汗ばむほどの運動量。到着するなり「あぁくたびれた」と崩れ落ちる大人を尻目に、子ども達はソリを持って斜面に一目散。若さって眩しい…。

この日はスノーパークと題して、滑り台を作ったり、大きな雪像を作ることに。雪のブロックを積み上げて車を作ると計画した男子チーム。時間をかけて何度も雪を運び、ここを繋げて、あそこを削り、やっと完成。題して『イカを運んでいる軽トラ』。完成予想図はスポーツカーだったが、改良に改良を重ね、最終的にヘッドライトが印象的な軽トラに。「俺たちらしいよね」と、出来上がりにご満悦な様子。
他にも滑り台を作ったり、前日に作ったイグルーの内装を整え、最後はソリ遊びを堪能し、帰りのラッセルでくたくたに疲れた1日なのでした。

冬休みの思い出「雪中カルタ」

1~3年生を中心にひのてん恒例の雪中カルタ大会を開催しました。
お正月やひのてんでの思い出をカルタにしよう!と書き始めたカルタですが、
「おいも食べておならプップップ」
「コロッケ食べたら美味しくてイスの上に立っちゃった」
など、圧倒的に食べ物系が多い今年のカルタとなりました。
1枚1枚ラミネートをかけて、防水対策をしたら、いざ決戦の地(お外)へ出発。
取り札を雪の上に差し大きな円形に整えたら、その中心に子ども達が配置。のっしーが札を読み上げると、一斉に子ども達がお目当ての札めがけて猛ダッシュ!雪の上は走りにくく勢い余って靴が脱げ、なぜか綺麗に靴下まで脱げ、終いには裸足で走り出そうとする場面も。それはそれは激しい戦いが繰り広げられたのでした。
今年の最高記録は10枚以上取ったつわもの女子が。
来年は何枚とれるかな~♪