4月6日以降のひのてんの利用について

本日、函館市より、4月6日以降の学童クラブの利用について、通知がありました。

小学校の授業再開の決定を受けて、3月5日以降ずっと要請されていました「できる限り学童の利用を控え、家庭で過ごすように」という一文はなくなりました。

4月6日の新学期スタートからは、ひのてんをこれまで通り(平常通り)、ご利用いただけます。

ただ、新型コロナウイルス感染症への感染予防対策は、引き続き行ってまいります。
特に、夕方以降、外遊びから帰ってきて室内で過ごす時間帯の密集度をできるだけ軽くするため、引き続き早めのお迎えにご協力をお願いいたします。

「ひのてんご利用のために」
*37.5度以上の発熱、咳、鼻水、頭痛、息苦しさなど風邪の症状がある場合はお休みしてください。
*お預かりしている間に子どもの体調が悪くなった時(発熱・咳など)はご連絡いたしますので、すぐにお迎えをお願いします。
*特に16:30以降は、早めのお迎えにご協力ください。

「ひのてんでの感染症対策」
*来所時、昼食前・おやつ前にはしっかり手洗い(流水・石鹸)またはアルコール消毒を行います。(ペーパータオルを使用。タオルの共有はしません。)
*咳エチケット(マスクの取扱いを含む)、手洗いについて改めて指導を行います。
*室内で過ごしているときは、1時間に1度、5~10分程度換気します。
*1時間おきにのどを湿らせるための給水タイムを声掛けします。(各自の水筒を使用。コップの共有はしません。)
*昼食・おやつの前にはテーブルを消毒清掃し、食べるときには対面距離を充分に取ります。
*施設内必要箇所(子どもが頻繁に触れる場所)の消毒清掃を1日2回行います。
*室内での密集度を下げるため、また、子どもの体力と免疫力アップのため、屋外での活動を積極的に行います。