こどもたちに豊かな出会いと体験を!

  • 学童クラブひのてんは、ひのき屋がはじめた学童保育所です。
  • 四季に応じた多彩な体験プログラムを取り入れています。
  • 自然と芸術にふれながら成長しましょう。

お知らせ

2月15日(土)

2月15日(土)演芸大会の練習・こどもフェスティバルの練習 【持ち物】・基本セット・演芸大会で使いたいもの(コマ・けん玉など)

2月8日(土)

  2月8日(土)午前:弥生小体育館午後:こどもフェスの練習 【持ち物】・基本セット・体育館シューズ・外遊びが出来る服装 ※3月1日(日)に芸術ホールで開催される『世界のこどもフェスティバル』に参加します。出欠確認をして …

2月1日(土)

2月1日(土)お面作り(節分) 【持ち物】・基本セット・外遊びができる格好※外遊びをしているとぬかるんでいる場所が多く、転ぶことがあります。着替えを必ず持たせて下さい。

運営方針

運営規程

学童クラブひのてん運営規程を公開しています。

「ただいま」から始まる放課後

学校と家とのあいだ。いつもと変わらない生活を送れるよう、平日の午後はこどもたちと過ごします。晴れたら近所の公園へ。雨なら本を読んだりゲームをしたり。
保護者の皆さんに「おかえりなさい。今日もいい一日でした」と伝えられるよう、活動の内容を工夫します。
水曜日はアトリエを行い、特に創作活動に力を注いでいます。

どうせやるなら、みんなで楽しく

土曜日や学校の長期休みは、みんなでできるプログラムに挑戦。
春は遠足や函館山登山。夏は穴間や戸井で海水浴。冬はどんと焼きや体育大会。ときには痛い目にもあうけれど、みんなで取り組めば、それは忘れられない体験になるはずです。
プログラムによっては、保護者の皆さんの手をお借りすることがあります。

しっかりとした土台をつくる

自分のことは自分で。下級生の面倒を見る。周りの安全を確かめる。
ひのてんの生活の決まりは、しっかりとした心やからだをつくるためにあります。
昨日よりも今日、今日よりもあした。健やかな毎日が訪れるように。そんな支援を目指します。

運営会社

株式会社ヒトココチ
代表取締役 曾我 直人
http://hitococochi.jp

  • 函館市亀田商工会会員
  • 北海道中小企業家同友会函館支部会員
  • 北海道家庭教育サポート企業
沿 革
2014年 • 学童クラブひのてんを函館市末広町9-9に開設
• 北海道教育委員会と北海道家庭教育サポート企業協定を締結
2016年 • 函館市から地域放課後児童健全育成事業を受託