ひのてんでの感染症対策

緊急事態宣言の対象地域が全国となり、函館でも再びの臨時休校が決まりました。ひのてんではこの休校期間中、必要なご家庭のための特別保育を行うとともに、一層、感染症への対策を強化してまいります。

「ひのてんでの感染症対策」
*来所時、昼食前・おやつ前にはしっかり手洗い(流水・石鹸)またはアルコール消毒を行います。(ペーパータオルを使用。タオルの共有はしません。)
*咳エチケット(マスクの取扱いを含む)、手洗いについて改めて指導を行います。
*室内で過ごしているときは、常に換気に留意し、室温・湿度の管理に努めます。
*1時間おき、または必要時にのどを湿らせるための給水タイムを声掛けします。(各自の水筒を使用。コップの共有はしません。)
*昼食・おやつの前にはテーブルを消毒清掃し、食べるときには対面距離を充分に取ります。一度にテーブルにつく人数を減らすため、時間分けをするなどの対策を講じます。
*施設内必要箇所(子どもが頻繁に触れる場所)の消毒清掃を1日2回行います。
*室内での密集度を下げるため、また、子どもの体力と免疫力アップのため、屋外での活動を積極的に行います。

なお、感染リスク軽減のため、保護者・利用児童の弟妹などの室内への立ち入りはご遠慮ください。