特別保育が始まりました

臨時休校期間の特別保育が3月5日(木)から始まりました。
通常よりはやや少ない人数ながら、子どもたちの元気な声と笑顔に、「やっぱり子どもがいてこその『ひのてん』!」と深く実感しました。

さて、特別保育期間のひのてんご利用についてのお知らせです。

「ひのてんご利用のために」
*来所する日はご連絡ください。
*来所前におうちで体温を測ってください。(37.5度以上の場合は、その旨ご連絡の上、お休みしてください)
*咳、鼻水、頭痛など風邪の症状がある場合はお休みしてください。
*お預かりしている間に子どもの体調が悪くなった時(発熱・咳など)はご連絡いたしますので、すぐにお迎えをお願いします。

「ひのてんでの感染症対策」
*来所時、昼食前・おやつ前などにはしっかり手洗い(流水・石鹸)をし、アルコール消毒を行います。(ペーパータオルを使用。)
*咳エチケット、手洗いについて改めて指導を行います。
*1時間に1度、5~10分程度換気します。
*1時間おきにのどを湿らせるための給水タイムを声掛けします。(各自の水筒を使用。コップの共有はしません。)
*昼食・おやつの時などは対面距離を充分に取ります。
*施設内必要箇所(子どもが頻繁に触れる場所)の消毒清掃を1日2回行います。
*室内での密集度を下げるため、屋外での活動も行います。

ご理解とご協力をお願いいたします。